FC2ブログ

みや Leuk Theia Lara 覚え書き

コーイケルホンディエのみや&ルーク&ティア&ララの日記

ティアの不調

12月6日 22:45外に行きたいと駄々をこねる。→下痢
12月30日 朝吐く、フードを残す
この日は帰省予定の日。
気になったけれど 家にある常備薬をすべて持って帰省。
12月31日 4:30ごろ吐く。朝も晩もフードを残す。
帰省中はフードを残していた。
1月3日 帰宅 家に戻ってようやく晩ゴハンを完食。
 だから精神的なものかなあ、と思っていた。

1月4日 散歩中にマズルが腫れる。ステロイドを飲ませる。
朝になってもまだ腫れている感じがするので病院へ。
かかりつけ医はお休みなので初めての病院。
ステロイドをもらって飲ませたら引いてきた。

1月9日 昨年秋の血液検査の結果を持ってホメオパシーの相談へ。
昨年秋の血液検査でルークもティアも慢性腎不全の予備軍となり
サプリメント(プロネフラ)を服用し始めていた。
相談の結果、ティアの腎臓数値の方がよくないとのことで
療法食を始めることになった。
1月13日 クランベリーサプリ摂取開始
1月14日 ホメオパシーチンキ開始

1月18日ごろ なんだかお腹周りがぽってりしてる。
ララの晩年のお腹もこんな感じだったと思う。
この頃よく陰部を舐めていた。膀胱炎?かと気にしていたけれど。
頻尿はなし。膿もなし。尿のPhもよくなったし。。

1月27日 う〇ちが柔らかめ。
ディアバスターを与える。

1月30日 10:30吐く
11;00過ぎ 19;20、20;40 粘膜便、
1月31日 6;00ごろP ゴハン少な目7;15少し固まったう〇ち
病院へ。
がもう?菌、腸内細菌のバランスが悪い。
胃腸薬、抗生物質(抗菌剤らしい。)、下痢止め

そして
2月7日 朝7時 多めのう〇ち 最後は下痢

2月8日
7;30Pゲル状、黒っぽい 
8;43 P
病院決定!
18;00 P

検便、前回と同じように腸内細菌のバランスが悪い。
前回同様の薬の処方。
最後に気になっていたお腹周りをチェックしてもらうと
張りがある、とのことでレントゲン検査。
腹水が・・・とお腹のエコー検査。
腹水は4cmくらいの層を作っている。
エコーで確認できる範囲にはリンパ腫は見当たらない。
腸は、腸壁は水分で浮腫んでいる感じ。

そして血液検査
総蛋白3.6 昨年11月の検査では5.6
アルブミン1.4 同上2.5
BUN34 昨年12月検査29
CRE2.1 同上2.0
タンパク質漏出性腸炎の可能性。

腎臓サプリと療法食は脂肪が多い。
今、するべきことは低脂肪食。
低脂肪の療法食にして、
腎臓サプリはお休み。
腎臓療法食も中断。
まずは腸炎の改善を優先する。
幸い低脂肪食も気にせず食べている。

そういえば・・・
最近 ゴハンのあと 落ち着かずウロウロしていた。
でも食欲はある。
夜中にお腹が痛いような素ぶり、下痢も含めて。
昨年9月末に泊まりに来た従妹が言っていた。
「この子、眠らないね。」
そう、夜中に寝場所を何度も変えたりしていた。
眠れなかったんだね。
震えも多くなっていた。
精神的なものだと思っていたけれど不調もあったのかもしれない。
ごめんね、しんどかったんだね。
散歩の距離も多くしてた。
疲れもあったのかもしれない。

まずは薬が切れるまでの8日間。
下痢止めと胃腸薬と抗生剤と
ステロイドと低脂肪食で様子を見て再診。
今後のことはそれから考えよう。

ここの過去記事を見ていたら
10月ごろから不調は始まっていたんだね(涙)




  1. 2020/02/09(日) 21:27:22|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ティアの手術

3月2日 マズルに出来たイボを切除。
ついでに唇に出来ていたエプリスも切除。
どちらも 検査に送る。

3月10日 抜糸
でも一度にすべて抜糸できずに・・・
来週再度抜糸。

思い出したら
2017年はこの時期に歯石取りと抜歯
2018年1月には背中のしこりを切除、と
3年続けて麻酔をかけているんだ。
ごめんね、ティッたん。

自宅で体重測定
ルーク 2018/7/16 5.5kg 2019/3/10 5.9kg
ティア 2018/7/16 7.8kg 2019/3/10 7.9kg

ルークはこれくらいかな。
ティアはもっと増えていると思ったけれど意外と増えていなかった。




  1. 2019/03/10(日) 19:07:30|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今日になって


朝、ルークくん 下痢Pの一歩手前
ティアも散歩中に3回のう○ち
3回目はかなり柔らか

最近オヤツの食べすぎ
そして昨夜から今朝は冷えたせいかもしれない。

散歩から戻ったら ルークは四つ足トレーナーにフリース
ティアもフリースと腹巻着用。

27日金曜日 ティアの尿を持って病院へ。
いつも朝一番の尿だった。
細菌がいる!のは そのせいかも?と 今回は朝2回目の尿。量は少ないけれど。
細菌はナシ。
ただPHが8と高めとのことで サプリメントを摂取することに。
SDMAの検査結果も14
基準値ギリだけど 基準値内でした。




iPhoneから送信

  1. 2018/12/29(土) 21:38:12|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ルークの骨棘






9月13日木曜日
あれ?後脚が痛いのかな?と思う。
14日金曜日朝
起きがけにヒャイン!
今度は前脚かな?
16日は長野
17日はお山で散歩。
ちょっと疲れたかしら。
19日水曜日
朝起きる時、散歩の時にもヒャイン!
病院がお休みの日。
20日木曜日 病院へ。
この日は注射。
翌朝からプレドニゾロン5mg×7日
抱っこするとヒャイン!と泣く。
安静だけれど 散歩はしてました。
短めにしたつもりだったけど。
やっぱり抱っこの時にまだ泣く。

27日木曜日 再診。
鎮静剤を使ってレントゲン撮影。
前日も泣いたので プレドニゾロン×7日

9月29日土曜日あたりから泣かなくなったし、顔つきも楽そうになった。

10月4日 木曜日 再診
翌朝からプレドニゾロン2.5mgに減量
アンチノールも併用。

10月6日~8日帰省。
ちょっとまた疲れたかしら。
9日火曜日 抱っこの時泣く。

10日 水曜日 初めての鍼治療

12日金曜日 再診
プレドニゾロン2.5mgを一日おきに減量。アンチノールは続ける。
病院のあと 散歩。快調です。













  1. 2018/10/12(金) 17:46:47|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ホメオパシー相談会

ララ

前回言われた・鶏アレルギー(現在アレルギーはない)のことがあるので
あれから フードをサーモン、ポークメインにしたこと。
エアコンをつけたせい? オネショが再開してしまったこと。
→腹巻をするようにしてからはオネショしていない。

今回のキーワード
前提疾患、腎臓、後ろ足
ゼラチン、


ティア

ドキドキはマシになっていると思う。
アセアセ&ドキドキの時はクレートに入れてタオルをかけていること、を伝える。

今回のキーワード
腎臓
脾臓は問題ナシ。

トラウマがあるらしい。




  1. 2016/07/11(月) 20:23:19|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

魔の時間

まだ夜も明けきらぬ午前4時前・・・

1:ルークがウ○チ。
2:ティアが気持ち悪いのか?落ち着かなくなる。
  水を何度か飲むので、水を足す。
3:ルークがトイレシートで吐く。
4:ララが吐く。フードが主のようだ。
5:ティアがまだ落ち着かない。
  ふと、ケージを見たら吐いてあった。
  ケージの扉を閉める。
 朝見たら、かなり吐いて処理してあった。

途中で時計を見たら 4時4分だった。

ティアは吐いた後は 眠れたらしい。
わたしも眠れました。



  1. 2016/03/03(木) 17:37:35|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

昨日 爪切り

ティアとララの爪切り。

そろそろ シャンプーしなくちゃ!
ルークの爪も切りたい。



  1. 2016/02/08(月) 08:54:10|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ホメオパシー相談会にて

ホメオパシーの相談会で
関係ない話を聞いてきた。
でも忘れないうちに書き留めておこう。

ティアとララの血液検査の結果から
タンパクの値が低いので
フードのせいだろうか?と話した。

ララが腫瘍を持っているとわかった時から
グレインフリーとうたわれているフードを選ぶようにしている。

わたしはグレインフリーと糖質制限を勘違いしていたようだ。
グレインフリーフードとは
大昔、犬はタンパク質の量を多く食べていた。
それで 炭水化物よりタンパク質の多いフードが出来た。
含まれる野菜果物なども原種(加工の少ないもの)が使われている場合が多い。

また
シニアフードについても神経質にならなくていいようだ。
もちろん シニア期に入って 
消化能力も落ちてきているので
消化の良い良質なたんぱく質を
カロリーオーバーにならないように与えれば
(代謝が落ちてきているので・・)
「シニア」と書いてなくてもOKらしい。

でも量が減るのはイヤダよね?(笑) ルクラッティ


それから
良性の腫瘍に限って言えば
その塊の大きさは限りがある。
だから あんまり触らない方がいい。
(これは以前から聞いていたこと。)
触ったり 絞ったりすることで
当初の予定の大きさより 大きくなることもあるらしい。


物覚えが悪いので正解かどうかは??



  1. 2016/01/21(木) 19:48:01|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

プラクティック投与

散歩のあと
プラクティック投与。
ララの爪切り。



  1. 2015/12/09(水) 17:09:51|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

再検査

ティア 1か月目のエコー(脾臓、胆嚢)
     血液検査(タンパク)

脾臓の影の大きさは変わらず、転移らしきものも見当たらず。
→ 最悪の血管肉腫の可能性は低い。
胆泥は変わらず、ある。
でも血液検査の結果には問題はない。
→ 胆泥の治療はナシ。
タンパクの値
→前回よりあがっていたが 低め。

脾臓の影は線種、血腫、肉腫何かはわからない。
大きくならない事を願う。
良性でも大きくなれば 脾臓が腫れるかもしれない。
出血があれば貧血、大量出血ならショックを起こすかもしれない。

様子見で時折エコーでチェック
次回は3月。


ララ
血液検査
→タンパクの値は低め。
 前回より上がっていたのでOK


ルーク
ウルソとスカパールを切ってほぼ1か月での血液検査。
GOTが上昇。
リパーゼも高い。でも膵炎の兆候はなし。
GOTがリパーゼもあげている?

お薬再開。
1日ウルソが¥80×2 スカパールが¥25×2で
1日あたり¥210
それで数値が落ち着くなら・・・
フードも満腹サポートスペシャルを継続。

なるべく他のものは控えねば。




  1. 2015/12/08(火) 16:57:10|
  2. 健康管理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→